人気の小鉢メニューめんつゆで簡単ほうれん草のおひたし

小鉢の定番ほうれん草のおひたし

今回は人気の副菜ほうれん草のおひたしをご紹介しようとおもいます。
作り方もめんつゆを使うことで手軽に簡単に作ることができます。
おかずのもう1品という時や酒のおつまみの箸休めなどに最適です。

847222b91e2e6bda074e909999704d52_s

スポンサーリンク

ほうれん草のおひたしを作ってみましょう!

2ad1d2d3fc9816ae63bf26ba2d3226f6_s

【材料】2人分

  • ほうれん草・・・・・・1束
  • 鰹パック・・・・・適量
  • めんつゆ(2倍濃縮)・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・大さじ1

作り方

  1. ほうれん草の根を切り茎の根元に1㎝くらい包丁で切れ目を入れます。
    こうする事で火の通りが良くなります。
  2. サイズが大きいボウルにたっぷりの水を張ってほうれん草の根っこを15分ほど浸して置きます。こうする事でほうれん草がみずみずしくなります。
  3. 大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かします、ボウルに氷水または冷たい水を用意します。
  4. お湯が沸騰したら、塩大さじ1を入れて混ぜたらほうれん草の根っこを入れて5秒位つけてそのまま葉全体を浸します。再び沸騰するまで茹でたら素早く上げて氷水を張ったボウルにとります。
  5. 菜箸などでかきまぜ水がぬるくなったら替えて熱を冷まします。ほうれん草半分をとり根本を揃えたら長いままの状態で水気を絞ります。残りも同様に絞ります。
  6. 水けをしぼったほうれん草を根っこと葉っぱが互い違いになるようにまな板にのせて長さ3㎝位に切ったらほぐさずにそのまま小鉢に盛り付け鰹節を適量のせてめんつゆをかけたら出来上がりです。お好みで白炒りごまを振ってください。

ポイント

  • 洗った根っこの縦に1㎝位の切れ目を入れることで火が通りやすくなります。
  • 茹でる時は根っこを先に入れてひと呼吸置いて葉全体を入れることでバランスよい茹で加減になります。
  • 葉全体を入れてお湯が再び沸騰したら素早く氷水にとって一気に冷まします。がぬるくなったら替えてください。こうする事でほうれん草の色合い、歯ごたえがよいかんじに仕上がります。
  • 火を通しすぎないのが美味しさのポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

9376ddf9bb618fa6313bf372fda12c01_s

今回は、ほうれん草のおひたしの作り方をご紹介しましたが如何でしたでしょうか。
揃える材料、調味料もシンプルで作り方も簡単なのでわたしは結構おおめに作って切った状態でタッパー入れて冷蔵保存して食べるときにたれをかけていただいています。。もう一品のごはんのおかずにお酒のおつまみの箸休めにも大変重宝しています。たまに味を変えてみたいときには刻んだちくわやねりゴマを少々加えたり、からし醤油をかけたりして食べています。レシピは水菜、小松菜にも応用できます。人気の小鉢メニュー作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です