家庭用におすすめの大きさ値段もお手頃な包丁とは

料理の基本ツール、包丁について

大きさ、値段、材質などいろいろありますが、ただ単にお手頃だとか、高いからとかで購入てあとから後悔、失敗しないように、包丁の基本的な事、おすすめのポイントなどを書いていきますので参考にしていただけたらと思います。

f61ecae8105ebe99aa9da1975cfdce89_s

スポンサーリンク

家庭料理に使う包丁の種類

まず、一般的に牛刀か万能包丁があればよいといわれています。このどちらかがあれば、たいていの料理にはほぼ間に合います。

あとは、材質なのですが大まかに分けて、錆びやすい鋼のもの、錆びにくいステンレスの包丁がございます。

次に長さなのですが、家庭用なら14センチ~20センチくらいがt使いやすくて取り回しもよいと思います。次の項目では少し詳しく説明していきますね。

材質の違いによるメリットとデメリット

大まかに分けて包丁の材質には、鋼とステンレスがありますが、それぞれに良いところと悪いところがあります。

鋼の包丁

6792661706_af95c9d278

photo credit: Aritsugu Knives, Kyoto via photopin (license)

まず、鋼の包丁です。メリットとしては、とにかく切れ味が良いのと、研ぎやすく刃がつきやすいのが最大の特徴です。その切れ味は、一度研いであげるとステンレスの包丁に比べて切れ味も長く持ちますし、ホームセンターに並んでいる比較的安いものでもその切れ味に大差はありません。

次にデメリットなのですが、鋼なので錆びやすいことです。使い始めの頃は、使った後の水分を取り除いてあげて湿気にのないところに保管する必要があります。私も鋼の包丁を持っていますが、使った後は錆びないようにいらなくなった電話帳に挿しこんで保管しています。電話帳の印字が適度な脂分を含んでいるので防錆効果もバッチリです。

良いところ

  • 切れ味がよい
  • 研ぎやすく刃もつきやすい
  • ホームセンターに置いてある安い物でも切れ味に差はない

悪いところ

  • 錆びやすい 
  • 上記の理由で使用中もあまりほったらかしにできない
  • 料理中ほレモンなどを切ると錆びてくる
  • 使用後の保管方法もきちんとする必要がある

ステンレスの包丁

f83e2e2073e4c4c7452cd8a20dab41fe_s

次にステンレスの包丁です。

メリットとしては、まず錆びにくいということです。次に、もうおわかりだと思いますが錆びにくいので切る作業が終わってもほったらかしで他の事ができます。そして、保管方法も水分さえさっと拭き上げれば比較的簡単です。要は、気を遣わないで気軽に使用できるということでしょうか。

次にデメリットなのですが、鋼の材質に比べて硬いです、なので刃を研ぐのに時間が掛かります。値段、材質による切れ味、刃の持ち具合が違います。研ぎ方が悪いとすぐに切れなくなるのは、鋼も同じですが、その周期がかなり短いです。

良いところ

  • 錆びにくい
  • 上記の理由で料理の途中でもほったらかしできる
  • 使用後の手入れ、保管が簡単

悪いところ

  • 硬いので刃を研ぎにくい、時間が掛かる
  • 切れ味が長くない
  • 切れ味に値段によるばらつきがある

スポンサーリンク

包丁選びで大切な事と基準

包丁の種類、材質によるメリット、デメリットを書いてきましたが、毎日使う包丁で、大事な事を書いていきます。まず、材質ですが、錆びにくいステンレスをおすすめします。錆びやすい鋼の包丁に気を遣って料理以外の事にストレスをためるより切れ味は鋼に遠く及びませんが、ほったらかしでも錆びないステンレスの包丁を使った方が遙かに楽しい料理ができます。次に包丁の種類ですが、とりあえず最初の一本というのであれば、牛刀、万能包丁(三徳包丁)をおすすめします。このどちらかをすでにお持ちであれば、小さめのペティナイフがあれば十分でしょう。あと、野菜料理が多い家庭であれば専用の菜切り包丁とペティナイフという組み合わせでも良いと思います。

次に包丁の長さですが、メインの包丁なら16センチから20センチぐらいが家庭用には使いやすいと思います。

以上まとめますと、

家庭用包丁の組み合わせ基準

ステンレス素材の包丁で

  • 牛刀+ペティナイフ
  • 万能包丁+ペティナイフ
  • 菜切り包丁+ペティナイフ
  • メインの包丁の長さは、16センチ~20センチ
  • ペティナイフの長さは、12センチ~15センチ

この組み合わせであれば大体の料理は対応できると思います。

予算はどれぐらい用意したら良いか

鋼の包丁と違ってステンレスの包丁は値段による切れ味研ぎやすさにばらつきが多いのでどれを選んだ良いのかわからないとおもいますが、一度購入したら、暫くは毎日使う物なので目安を書いておきますね。

値段は、ずばり5000円以内に納めてください。ホームセンターにも値段の手頃な物から、ちょっと高いのも置いてありますがこの予算の範囲で、大きさ、材質、重さなどを基準に選んでください。

できれば、安いステンレスの包丁でも、材質はモリブデン鋼を使ってあるものが、切れ味も長持ちしますし、比較的研ぎやすいのでおすすめです。

料理にはなくてはならない最初のツール、包丁。値段の高い包丁はそれなりに材質も切れ味も良いのでしょうが、安いものでも良い包丁はありますので、お気に入りの包丁を是非手に入れて毎日の料理が楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です