小鉢メニューの人気レシピ切り干し大根の煮物

栄養豊富な小鉢メニュー切り干し大根

今回はカルシウム、ビタミンBも豊富な切り干し大根の煮物のレシピご紹介しようと思います。見た目の地味さからは想像できないくらい栄養素も豊富で通常の大根に比べてカルシウムは15倍、ビタミンBは10倍と多いそうです。ご飯のおかずに相性のよい甘辛い味はお酒のおつまみにもぴったりな小鉢メニューです。

切り干し大根の煮物切り干し大根の煮物 / dreamcat115

スポンサーリンク

切り干し大根の煮物を作ってみましよう!

image

材料】2~3人分

  • 切り干し大根・・・・・30g
  • さつま揚げ・・・・・2枚(約190g)
  • にんじん・・・・・5㎝(約30g)

煮汁

  • 水・・・・・1カッフ°(200cc)
  • だしのもと・・・・・小さじ1/3
  • しょうゆ・・・・・大さじ2
  • 酒・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・小さじ2

作り方

  1. 切り干し大根をよく洗ってボウルにたっぷりの水を張って10分ほど浸して戻します。大きめの切り干し大根を指のつめで押さえて簡単に切れるような固さなら戻し加減は0Kです。水気をしっかり絞ってザルに上げておきます。
  2. にんじんは千切りに、さつま揚げは長さ3㎝厚み5mmぐらいに切ります。
  3. 小さめのボウルに煮汁の材料をすべて入れて砂糖が溶けるまでよく混ぜ合わせます。
  4. 鍋(小ぶりのフライパン)に煮汁をいれ中火で煮たったら切り干し大根をほぐしながら入れてさつま揚げ、にんじんも加えて菜箸などで上下を返すように均等に混ぜ合わせます。
  5. キッチンペーパーを濡らし軽く絞って落としぶたの要領で上にのせます。  

          image

    6.  蓋をして弱火で15分煮込みます。 

          image

      7.  蓋を開けて煮汁が殆んど少なくなっていたら出来上がりです。

          image

      菜箸などでひと混ぜしてそのまま粗熱がとれるまでおいて置くと味がよく馴染みます。

ポイント

  • 切り干し大根はたっぷりの水でもみ洗いして汚れをしっかり落としてきれいな水で戻します。汚れを落とすことで独特の臭みが取れます。
  • 戻す時間は長くなりすぎると食感が悪くなるので指の爪で押さえてみて固さを調節してください。
  • 落し蓋に蓋をすることで水分が逃げないので少ない煮汁で味がよく馴染みます。
  • 今回はさつま揚げを使いましたが、定番の油揚げにしてもよいです。

スポンサーリンク

まとめ

image

今回は人気の小鉢メニュー切り干し大根の煮物をご紹介しましたが如何でしたでしょうか。シンプルな味付けと材料で調理法も蓋をして煮込むだけなので初心者の方にでも簡単に作ることができると思います。

メモ

豆板醤を適量加えてピリ辛にアレンジするとビールのおつまみに早変わり!美味しいのでよかったらお試し下さい♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です