計量カップによるお米の1合と1カップの違い

レシピに書かれている米の量は1カップ?1合?

普段計り慣れているお米の分量。普通に炊いているぶんにはいいのですが、料理の本に書かれている、「カップ」「合」これを間違えると料理が大変な事に。

001

スポンサーリンク

一般的なカップの量と炊飯器についているカップの量

料理本などに書いてあるカップ1の量には二種類あります。お恥ずかしい話なんですが、普段あまり意識していなかったのでこのことに気づいたのが、ついこないだなんです(^0^;)

失敗しなかったのは、お米を使ったレシピ、創作料理をやらなかったからだと思いますw話がそれてしまいましたが、カップ1の分量について述べたいと思います。

  • 一般な計量カップの1カップは、200ml、200cc の量です。
  • 炊飯器についているカップの量の1カップは、180ml の量です。

1合の計ったお米を一般の計量カップに戻すと200mlより少ないのです。

同じ1カップでも分量が随分違うのがおわかりだと思います。

ちなみにお米1カップと1合の重量は大体以下の通りです。

  • 米1カップの重量=約175g
  • 米1合の重量=約150g

スポンサーリンク

1カップでも料理本のレシピにはその表記に注意

お米を炊く専用の炊飯器は、ほとんどが合が基準になっています。なので普通の計量カップで量った1カップ(200ml)ですとそれに対する水量が炊飯器の目盛りの1まで届かず足りなくて炊きあがったご飯が硬くなってしまいます。

ご飯もののレシピで料理をするときに、カップ表記の場合は必ず水分量も書いてあるのでそれに従って計ります。合表記の場合は水量を炊飯器の目盛りに合わせればよいです。

レシピの本は、カップなのか、合なのかを炊き込みご飯、赤飯、おかゆなどの水加減が重要なご飯物を作るときにはお米の量、それに対する水量には特に注意が必要です。

ちなみに、合というのは日本でむかしから使われてきた計量の単位だそうです。

お米をはかるときにやってはいけない事

  • 米をはかるときに最も注意したいのがそのやり方です。カップにいっぱいすくい上げ余分なお米を割り箸などでカップの縁にそって落としてあげるのがよいのですが、このときお米の入ったカップをトントンと上下させてギッシリ詰め込んでしまうやり方です。これだとカップあたりの米の量が増えてしまいますので炊きあがりのご飯の硬さ変わってしまいます。
  • はかり方のコツとしては、さっとすくって余分なお米をお箸または指で余分なお米を取り除いてあげる位のやり方で大丈夫です。普通の料理の1カップに比べてお米の1カップのはかり方なんかアバウトのようなきがしませんかwお米ならではの独特な計量法だと思います。

わかってるつもりで実は理解できていなかった計量単位。お米に対する水量はくれぐれも注意してくださいね!炊飯器についてくるカップの代わりに計量カップを使うときは特にです(^0^;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です