鉄のフライパンの油ならしと手入れの方法

手入れひとつで長持ちする鉄のフライパン

熱の伝わり方もテフロンよりも早く、温度も高くなるので炒め物やチャーハンを作る際に欠かせない鉄のフライパン。毎日使って鉄分補給もできるそんな魔法の調理鍋の使い始めの油ならしと普段のお手入れについて書いていきます。

4c7ab61480a2e5c3ed82e54be1425400_s

スポンサーリンク

新品のフライパンのさび止め用の膜の処理

新品の鉄のフライパンには、その表面にさび止め用の膜が張ってあるのでまずその膜をガスの直火にかけて煙がでなくなるまで焼ききります。

  1. ガスの火加減は中火くらいで、柄の部分を覗いて全体をまんべんなく焼いていきます。このときフライパンはかなりの温度になるのでやけどに注意してください。煙もかなり出るので換気扇をまわして、部屋の換気にも配慮して作業を進めてください。黒い煙でビックリすると思いますが、大丈夫です(^_^;)まんべんなく膜を焼ききったら、自然に熱を冷まします。
  2. 冷めたら、粉末のクレンザーなどをつかって焼ききった膜を擦り落とします。それが終わったら、再び火にかけてフライパンの水分を飛ばします。ここまで来たらあともう少しです、頑張りましょう!
  3. 水分が飛んだら、くず野菜を用意します。キャベツの使わない部分やその他の葉ものや皮何でも良いです。フライパンに少し多目の油を敷いてくず野菜を炒めます。どれぐらい炒めたら良いかというと、野菜が黒焦げになるまでです。料理前の下処理なので焦げはまったく気にしなくていいです。

鉄の中華鍋でしたら、底も深いので揚げ物をすると良いでしょう。
これをすることにより、フライパンの表面に油がなじみやすくなります。
以上で料理に使う前の準備ができました。

スポンサーリンク

鉄のフライパンを使う前の油ならし

鉄のフライパンで料理を始める際に必ずやらなければならない儀式があります、
それは油ならしです、簡単ですので必ずやってください。

  • まずフライパンを火にかけて表面から煙が出るくらいに熱します。そこに100cc位の油を入れてフライパン全体に良くなじませます、1分くらいフライパンを傾け油を回しながらよくなじませます終わったらオイルポットに油を戻し入れます。

フライパンの大きさに対して油の量は調整してくださいね。これをやることにより鍋の表面に油のがなじんで材料が鍋肌につきにくくなるので調理しやすくなり使用後のお手入れも簡単になります。この作業のあとに、料理に使う分の油を入れて調理していきます。

使ったあとのお手入れと保管の仕方

使用後は洗うのですが、ここで注意したい事があります。

まず、洗剤は使いません。鉄のフライパンは表面に油の膜がつくことにより材料がこびりつきにくくなって油のなじみも良くなっていきます。なので、洗剤を使ってしまうとぜっかくのこの膜が落ちてしまいます。以上の事から、使い終わったフライパンは亀の子タワシで洗います。亀の子タワシで落ちにくい焦げやこびりつきは、竹のささらなどを使うと良いです。使い始めは油がなじんでいないので少々こびりついたりしますが、使い込んでいくうちに良い感じの黒光りに仕上がって愛着も湧きますので時間をかけてじっくり育ててあげてくださいね。

テフロンより高温で調理することにより、チャーハンはパラパラ!野菜はパリッとした食感に仕上がりとってもおいしい料理が出来上がります。私も週に3回は鉄のフライパンで料理を作っています。鉄分も取れておいしい炒め物がもっと好きになるかもしれませんよー♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です