光熱費を節約フライパンで簡単パスタのゆで方

フライパン1つで美味しいアルデンテ

パスタポットがなくても、フライパン一つで美味しいアルデンテが作れます。時間もあっという間に出来て、光熱費も節約できる家計にも優しいとっておきのパスタのゆで方を紹介します。

d3ddfb7640463a30da4edeb7215af1e1_s

スポンサーリンク

フライパンを使うと家計にも優しい

001

厚みのないフライパンを使うと調理時間も短いので光熱費も抑えられ

面倒な後片付けもササッと終わるので狭い台所でも大丈夫!

メリット

  • ガス代
  • 電磁調理器なら電気代
  • ゆでるときに使う水量
  • 調理あとの片付け

デメリット

思い浮かびませんw

パスタをフライパンで茹でてみましょう!

パスタをゆでる時に使うフライパンのサイズ

大きいことに越したことはないのですが、理想は26センチの大きさが、パスタを折らないでゆでることができるのでいいです。なければ入れる際に半分に折ってもかまいませんので無理に買いそろえる必要はありません。

材料 (一人前)使用フライパン26センチ~28センチ

  • パスタ・・・・・100g
  • 水・・・・・パスタがひたひたにかぶるくらい 
    フライパンの大きさで加減してください。
  • 塩・・・・・少々
  • オリーブオイル・・・・・小さじ1 (なくてもよい)

作り方

  1. パスタ以外の材料をフライパンに入れて沸騰させます。沸騰したらパスタを投入、中火にで一分間パスタがくっつかないように混ぜます。
  2. 時間がきたら火を止めて蓋をします。ここからはきちんとタイマーを使ってくださいね。使用しているパスタのゆで時間から一分マイナスした時間をセット。
  3. そのまま放置したら、蓋をとって硬さを見てください、硬いようでしたら蓋をして更に一分放置します。ソース用のゆで汁を残してお湯をきったら完成です。
    あとはお好みのソースで召し上がれ!

作るときのコツ・ポイント

  • 水の量はパスタがひたひたにかぶるくらいで入れすぎない。
  • 時間はきちっとタイマーで計る。

この二つに注意して調理していただければ短い時間で簡単に作ることができます。

  1. スポンサーリンク

まとめ

b2d6ce03f82d6fdc5fbceadf42122c9e_s

フライパンの熱伝導の早さと少ない量の水で光熱費、水代、電気代を節約しながら美味しいアルデンテのパスタのゆで方、いかがでしたでしょうか?私もパスタが大好きで何度もパスタポットをポチる寸前までいきましたが、ゆでたあとの後片付け、鍋の置き場所とかを考えるとどうしても購入まで至りませんでした。料理はたのしいですが、やはり後片付けは少ない方が絶対にいいですからフライパンはパスタをゆでるのに最良の調理器具だと思います。おまけにフライパン一つでソースを絡めて美味しいパスタ料理が出来上がるので言うこと無しですね!これで、一人の時はお皿に盛らずに食べることもあるので洗い物も楽ですw高価なパスタポット不要で光熱費も抑えられ家計にも優しい後片付けも簡単なフライパンつかったエコなゆで方であなたも美味しいパスタ料理を思う存分味わってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です