レシピお酢でさっぱり美味しい鶏肉の照り焼き

フライパンを使って簡単美味しい照り焼き

今回はお弁当のおかずにもおすすめのメニュー鶏肉の照り焼きをご紹介したいと思います。
味付けに酢を使うことで肉が柔らかくなり味もさっぱりまろやかになります。
我が家でも人気のメニューで作り置きもできるので晩ご飯のおかずに大変重宝しています。
作り方もフライパン一つで簡単にできるので料理苦手な方にもおすすめのレシピですよ!

 

スポンサーリンク

鶏肉の照り焼きを作ってみましょう!

【材料】2人分

  • 鶏もも肉・・・・・1枚(300g)
  • 塩・・・・・小さじ2分の1
  • 酒・・・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・・・適量

dd73d606c9b8da36fbc38230d039b1e5_s

たれ

  • しょうゆ・・・・・大さじ2
  • 酒・・・・・大さじ1
  • みりん・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・大さじ1
  • 酢・・・・・大さじ1
  • サラダ油・・・・・小さじ1

作り方

  • 鶏肉は筋に対して包丁を直角に入れて切っておきます。
    身の熱い部分は包丁を寝かして切れ込みをいれて開き厚みをそろえるようにします。
  • バットに鶏肉を広げ塩小さじ1,酒大さじ1を振って15分ほど置いておきます。
    鶏肉からでた水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
  • フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱したら鶏肉の皮目を下にして4分ほど焼いていきます。火が通ってくると身が反り返ってくるので時々フライ返しで押さえ焼きます。
  • 皮目にほどよい焼き目がついたら上下をひっくり返し3分ほど焼いていきます。
  • 火が通ったらキッチンペーパーで鍋底の余分な油を取り除きます。
    火を弱火にしてたれを流し込み上下を返し味を絡ませながらたれの水分が少なくなるまで
    煮込んでいきます。時間にして大体3分前後でしょうか。たれにとろみがついて鶏肉の表面に照りがでたら出来上がりです。そぎ切りにしてお皿に盛り付けて白いりごまを振り、お好みで粒マスタードを添えてお召し上がりください。

ポイント

  • 鶏肉は焼いたときの縮みを少なくしたいので筋を切っておきます。
  • 皮目を焼いて熱が入ると身が反り返ってくるので時々フライ返しで押さえながら
    焼いてください。
  • たれを投入する前にフライパンにたまった余分な油がたれをはじくのでキッチンペーパーで取り除きます。こうすることで鶏肉にたれが絡みやすくなります。
  • たれを投入したら弱火で煮込みます。
  • たれに酢を入れて焼くことでさっぱりとした味に仕上がります。
  • フライパンは直径約20センチぐらいの大きさが調理しやすくておすすめです。
  • 作り置きはあら熱が取れたら蓋付きの容器に入れて冷蔵庫で保存してください。

※しっかり味付けして油でコーティングして調理してあるのである程度日持ちはしますが
 各家庭の冷蔵庫の開閉による温度差もあるのでなるべく早く食べきってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

a0002_010090

今回はフライパン一つで手軽に簡単にできる鶏肉の照り焼きをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。たれに酢を入れることで肉は柔らかくなり味がまろやかに仕上がります♪
忙しい毎日の作り置きのおかず、お酒のおつまみ、朝詰めるだけのお弁当のおかずに是非作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です