えのきを使った作り置きおかず簡単レシピ

安くて美味しいえのきを使った美味しいメニュー

安くて栄養も多いえのきを使って保存もできる作り置きのおかずを紹介します。作り方も簡単なので忙しいサラリーマンや主婦、主夫の方におすすめの節約、おまけにヘルシーです。

c8b7b6cff951228ef65caa8ac6f8c581_s

スポンサーリンク

栄養もあって作り置きにはもってこいの食材

スーパーで当たり前に並んでいる人気の食材えのき。値段も安くて一年中手に入れやすいのでお財布にもやさしくて作り置きにはもってこいの食材です。熱を加える事によりシャキっとした独特の食感は一度食べ出すとやみつきになるくらい美味しいですよね。このえのきの旨み成分はグアニル酸主といってしいたけなどにも含まれているそうで、かつお節などに含まれるイノシン酸、昆布などに多いグルタミン酸、シイタケ、えのきなどに含まれるグアニル酸は三大旨味成分と呼ばれていて日本の和食には欠かせないものとされてきました。このほかには、ビタミンB1、B2、ナイアシン、食物繊維も豊富なので便秘にも良さそうです。特にビタミンB1については、一袋の量で成人男性の一日の所要量の約半分を取ることが出来ます。ナイアシンも多く含まれ糖質、脂肪の代謝にを即し消化器の健康維持にも効果があるとされていて最近では血管拡張作用がその結果血管疾患予防効果について注目を集めています。

スポンサーリンク

ぴり辛えのきのドレッシング和えを作ってみましょう!

材料

  • えのきだけ・・・・・一袋(100g)
  • ドレッシングの材料
  • 酢 サラダ油・・・・・各大さじ2 
  • 醤油・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・小さじ2
  • ラー油・・・・・小さじ1

作り方

  1. えのきは根元を切って細かくほぐしたら、耐熱のボウルに入れておく。
  2. 小さめのテフロン加工のフライパンに混ぜ合わせたドレッシングの材料を入れて中火にかけます。一煮立ちしたら火をとめて熱々のうちにえのきのふりかけ菜箸で上下をかえすようにまんべんなく混ぜながら味をなじませます。暫くしてえのきがくたっとなれば完成です。

保存の仕方

冷蔵庫で保存します。蓋のある小さめのタッパーか、あれば同サイズのホーロー容器がおすすめです。油をつかっているので後々の片付けもホーロー容器が洗いやすいと思います。大体2~3日は保存可能ですのでレシピより多目に作って置いても良いと思います。

まとめ

007

作る手間暇も非常にシンプルで簡単で保存もできる、えのきを使った作り置きおかずを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?自分はこのレシピが大のお気に入りで、ごはんのお供、お酒のおつまみとしていただいています。ラー油の香ばしい風味が食欲をそそり美味しいので一袋はあっという間に食べてしまうので多目に作っています。それでも2日と持ちませんがw食材も年間を通して何処でも手に入り、お財布にも優しく食物繊維も豊富でそのた栄養もあるえのきを忙しい日々の作り置きのレパートリーにくわえてみませんか♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です