小鉢メニューの簡単人気レシピ小松菜の白和え

ベーシックな副菜レシピ小松菜の和え物

今回は、副菜で最もベーシックな小鉢メニュー小松菜の白和えをご紹介したいと思います。
日本の家庭で長い間親しまれてきたお浸しなどの人気のおかずは作り置きもできて多めに作っておくと何かと便利です。作り方も野菜を茹でて味つけするだけなのでとても簡単です。

image

スポンサーリンク

小松菜の白和えを作ってみましょう!

image

【材料】作りやすい分量

  • 小松菜・・・・・1束
  • しめじ・・・・・1パック
  • 木綿豆腐・・・・・2分の1丁

味付け合わせ調味料

  • 白味噌・・・・・大さじ2
  • 練りごま・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・大さじ1
  • みりん・・・・・大さじ2
  • 薄口しょうゆ・・・・・大さじ1

作り方

image

  1. 小松菜はよく洗って食べやすい長さに切っておきます。
    しめじは石突きをとってほぐしておきます。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸騰させたら塩を適量いれてしめじを先にいれ茹であがったらざるに揚げ水気を切っておきます。次に小松菜を入れて再び沸騰したら30秒ほど茹で冷たい水を張ったボウルに放ちます。ざるにあげてあら熱が取れたら軽く絞っておきます。
  3. 豆腐はキッチンペーパーなどで表面の水分を取り除いて万能こし器にのせて木べらかスプーンの背で押さえてつぶします。こうすることで豆腐がきめ細かくなり口当たりが滑らか煮なります。
  4. 味付け合わせ調味料の材料をボウルにいれて混ぜ合わせたら水切りしておいた小松菜、しめじ、漉した豆腐を入れて更に混ぜ合わせたら出来上がりです。
    小鉢に盛り付けて仕上げにしろいりごまを振ってください。

ポイント

  • 豆腐の水切りをしっかりしたい場合はレンジを使うと良いです。
    参考記事→豆腐の簡単水切りレンジを使って時間を短縮
  • 小松菜を茹ですぎに注意して下さい、茹であがった小松菜は熱が通り続けています。
  • 小松菜の茹でるタイミングは沸騰したお湯に入れたら温度が下がるので再び沸騰するのを待ってそこから30秒です。ボウルの水がぬるくなったら水を替えてあら熱を取ります。
  • 具材に茹でた人参の千切りや刻んだこんにゃくなど入れるとボリューム感があがります。

スポンサーリンク

まとめ

image

今回は小松菜を使ったベーシックな和え物のレシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。使う材料も季節を問わず年中手に入る物ばかりなので時間があるときに野菜を茹でてあえごろもとあえるだけの簡単で美味しい副菜です。今回は小松菜を使いましたが、このほかにほうれん草やチンゲンサイでも美味しく作ることができます。`是非お好みの葉物野菜で作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です