もやしを使った人気メニュー味付けもシンプルな炒め物

味付けも簡単美味しいもやしの炒め物

今回は安くて人気の野菜、もやしを使った炒め物をご紹介したいと思います。
たかがもやし炒めですが侮ることなかれシンプルな味付けでしゃきしゃき美味しい作り方のポイントについてもお伝えしようと思います。

image

スポンサーリンク

もやしの炒め物を作ってみましょう!

image

【材料】1人分

  • もやし・・・・・1袋
  • サラダ油・・・・・小さじ1
  • ベーコン・・・・・2枚
  • 塩・・・・・少々(人差し指と親指でつまんだ量です)
  • 酒・・・・・小さじ1
  • サラダ油・・・・・小さじ1

作り方

  1. 鍋に500ccのお湯を沸かします、ボウルに同じく500ccの水を用意して
    沸騰したお湯をいれ混ぜ合わせたらもやしを入れて1分間浸したらざるにあげてみ
    水気を切っておきます。
  2. 水を切ったもやしをポリ袋に入れてサラダ油小さじ1を加えて空気を入れた状態で
    よく振って油を馴染ませます。
  3. ベーコンは1㎝ぐらいの幅に切っておきます。
  4. フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱したらベーコンを入れ炒めます。
    ベーコンに火が通ったら火を強火にしてもやしを加え更に炒めていきます。
  5. 1分間炒めたら酒小さじ1と塩を振り混ぜ合わせたらお皿に盛り付けて出来上がりです。

ポイント

  • 沸騰したお湯と水を混ぜたものに浸すことでもやしがみずみずしくなります。
  • 炒める前にサラダ油でコーティングすることで炒めるときに火がもやし全体にまんべんなく短時間に通ります。
  • お湯に浸す時間、炒める時間はともに1分間、これが水っぽくならないしゃきしゃき美味しいもやし炒めを作るポイントです。
  • ベーコンに火が通って脂が出たら火を強火にしてもやしを炒めます。
  • 仕上げの味付けにオイスターソースを少量加えても美味しいです。

お料理メモ(調味料の表示の量)

レシピに書かれている調味料の表示、少々、一つまみは
意外とあいまいな表現でわかりにくいのですが詳しくは以下が目安です。

  • 一つまみ・・・・・人差し指、中指、親指の3本でつまんだ量
  • 少々・・・・・人差し指と親指でつまんだ量

スポンサーリンク

まとめ

今回はもやし炒め美味しい作り方とそのポイントをお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。ベーコンの塩分と少量の塩だけのシンプルな味付けですがそれでも炒めたもやしが香ばしく美味しいメニューです。もやしはどうしても水分が多いので作り方によっては水っぽくなってしまいがちですが、下処理をして短時間で炒めることで歯ごたえもよく美味しく仕上がります。塩分で水分が出やすいキャベツなど他の野菜もそうなのですが調味料は仕上がる寸前の最後に使うのが原則です。こうすることで水分の流出を最低限に抑制することが可能です。
炒め時間、水分コントロールで美味しいしゃきしゃきのもやし炒め作ってくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です