失敗知らずの菜切り包丁の簡単な研ぎ方

基本の包丁、菜切り包丁を使いましょう!

ほとんどの家庭で見ることも少なくなった菜切り包丁ですが、実は今から料理を始めたい、包丁の研ぎ方を練習したい方に是非オススメしたい最初の包丁なんです。今回は私も使っている菜切り包丁の利点と研ぎ方について書いていこうと思います。

002_20160303160010674[1]

スポンサーリンク

菜切り包丁とは

読んで字のごとく野菜を切るための包丁です、昔から家庭には必ずこの包丁が置いてありました。戦後の食文化に洋食が取り入れられるまでは野菜中心の食生活の日本はこの形が主流でした。魚や肉などをさばくのに鋭い切っ先が必要になってくると先の丸い菜切りで包丁では向いていないので現在では牛刀や三徳包丁がもてはやされています。

ではこの菜切りで肉は切れないのかというと、そんなことはありません。家庭用に買ってくるようなパック入りの大きさの肉の切り分けくらいなら簡単にやってのけます。私はペティナイフをもっていますが、魚も肉もほとんど菜切り包丁一本で事足りています。これも切れるように研いでこそなのですが。

005_201603031600144ea[1]

包丁の研ぎ方が学べる菜切り包丁

菜切り包丁が初心者におすすめの理由は、その研ぎやすさにあります。他の牛刀とか三徳包丁のように刃が湾曲していなくてほぼ真っ直ぐなので砥石に対して角度だけ決めてやればどんな初心者でも先まできれいに研ぐことができるのです。この菜切りで包丁の扱い方お手入れの仕方を学んでいき次の包丁を買い足していくのが良いかもしれません。

事項では鋼、ステンレス、素材を問わない菜切り包丁の基本の研ぎ方をお伝えします。

スポンサーリンク

誰でも失敗しらずの菜切り包丁の研ぎ方

私が菜切り包丁を普段からメインに使う理由は研ぎが苦手で下手くそだからです。とはいっても研ぎにだすことはめったにありませんし、今でも自分で研いでいます。でいつも研ぐときにお世話になっているものがございます。それが包丁研ぎアダプターです。

007_20160303160015742[1]

値段も手頃で暫くは長持ちするのでとてもオススメです。なにより砥石に対しての包丁の角度が決まってしまうのであとは前後に動かしてあげるだけできれいな刃がつきます。

009_201603031600313d9[1]

ただし、巾が狭いペティナイフには使えません、角度が鋭角につきすぎるので巾が14センチくらいは必要だと思います。購入先は私の場合近くに売っていないのでアマゾンで買いました。商品名は「スーパートーゲル」といいます。なんかそのまんまですねwアダプターの白い部分はセラミックが埋め込んであるので砥石に対して耐久性がありますが、あくまでも刃を押さえている指に意識を持って研ぐようにすると摩耗のスピード違ってくるので良いのではないでしょうか、と思って使用しています。^_^;

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は菜切り包丁の失敗しない研ぎ方をお伝えしました。料理を始めたばかりのわたしのような初心者でもプロ顔負けの本刃をつけることができるこのアダプター、菜切り包丁なら刃の先端までカミソリのような切れ味に仕上がり、おまけに刃以外の部分にかすり傷もほとんどつきませんので包丁好きの方にもオススメです。一個は持っていて絶対損はないと思いまよー♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です