人気の夏野菜レシピ簡単美味しいゴーヤとツナのサラダ

夏の定番野菜ゴーヤとツナのさっぱりサラダ

暑い夏の人気野菜ゴーヤ、普段はチャンプルーにしていただいていますが、
今回はゴーヤを使ったサラダのレシピをご紹介しようと思います。
あの独特の苦みも下処理をすることで食べやすくなるのでゴーヤが苦手なお子さんにもおすすめできるメニューだと思います。

IMG_20160806_162623

スポンサーリンク

ゴーヤとツナのサラダを作ってみましょう!

IMG_20160806_160413

【材料】作りやすい分量

  • ゴーヤ・・・・・1本
  • 玉ねぎ・・・・・中2分の1個
  • ツナ缶・・・・・140g
  • マヨネーズ・・・・・大さじ3
  • ポン酢・・・・・小さじ1
  • 塩・・・・・小さじ1 小さじ2分の1
  • 塩こしょう・・・・・適量

作り方

IMG_20160806_162117

  1. ゴーヤは縦半分に切り中の種をスプーンで取り除いたら3~4㎜ぐらいの厚みにスライスしたらボウルに塩小さじ1をくわえ混ぜ合わせて10分置いておきます。
  2. 玉ねぎは繊維に対して直角に薄くスライスしたらボウルに入れて塩小さじ2分の1を
    加え軽く揉み込んで10分置いたら水で洗い水気を絞っておきます。
  3. ツナ缶は油または水気を切っておきます。
  4. 鍋にお湯を沸かし沸騰したら塩をしておいたゴーヤをそのまま入れ再び沸騰したら
    あげて水を張ったボウルに放ちあら熱をとってキッチンペーパーで適量を
    包んでしっかり水気を絞ります。
  5. ボウルに水気を切った玉ねぎ、ゴーヤ、ツナ、マヨネーズ、ポン酢を加え混ぜ合わせ
    塩こしょうで味を調えたら出来上がりです。お好みで鰹節をかけてお召し上がり下さい。

ポイント

  • ゴーヤを茹でるタイミングはお湯の沸騰から入れて再び沸騰までの短い時間です。
  • ゴーヤを下処理することで苦みが和らぎ食べやすくなります。
  • 下ごしらえした玉ねぎ、ゴーヤはしっかり水分を絞って切って下さい。
  • 玉ねぎは繊維に対して直角(頭からおしりに向かって)に切ることで辛みが抜けやすくなり食べやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

IMG_20160806_162416

今回はゴーヤとツナを使った夏メニューにぴったりなサラダをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。下処理をしておくだけで嘘のようにあの独特の苦みがやわらぎしゃきしゃきの食感が楽しめますので是非作ってみてください。あと、ゴーヤは一本買ってきたら丸ごと下処理をしてしまうことをおすすめします。一度包丁を入れたゴーヤは思ったよりも痛みが早く弾力が無くなり柔らかくなってしまいます。調理に余分な量は茹でて水気を絞って使わない分は蓋付きの容器に入れて冷蔵庫に入れておけば二日は持ちます。使いたいときにささっと使えるのでおすすめですよ。下処理した旬のゴーヤで美味しい料理つくってくださいね。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です