鶏胸肉を使った人気のメインレシピ柔らかジューシー唐揚げ

ぱさつきなし柔らかい美味しい鶏胸肉の唐揚げ

今回は鶏胸肉を使った唐揚げのレシピをご紹介したいと思います。
脂分が無くてぱさつきやすい胸肉もある下処理をするだけで
冷めても固くならず美味しく作ることができます。
時間がたっても柔らかいままなのでお弁当のおかずにもおすすめのメニューです。

IMG_20160812_153715

スポンサーリンク

鶏胸肉の唐揚げを作ってみましょう!

IMG_20160812_151740

【材料】作りやすい分量

  • 鶏胸肉・・・・・300g
  • 片栗粉・・・・・適量
  • サラダ油・・・・適量

下味用調味料

  • にんにく・・・・・1片
  • しょうが汁・・・・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・・・小さじ2
  • 酒・・・・・大さじ1

作り方

  1. 鶏胸肉はフォークで全体をさして縦半分に切り包丁を斜めに寝かせて2㎝ぐらいの厚みにそぎ切りにします。ポリ袋に鶏肉と下味用の調味料を加え揉み込んで冷蔵庫で30分置いておきます。下味に漬け込む時間は半日ぐらいでも大丈夫です。
  2. 下味をつけておいた鶏肉の水分をキッチンペーパーでしっかり拭いてボウルに入れ
    片栗粉をまんべんなくまぶします。
  3. 天ぷら鍋にサラダ油を180℃に熱したら余分な片栗粉をはたいて揚げていきます。
    菜箸で裏表を返しながらほどよい色になるまで3~4分揚げます。
  • 器に盛り付けてレモンを絞ってねりからしをつけてお召し上がり下さい♪

ポイント

  • フォークで肉全体を刺すことで調味料の酒、水分が浸透して冷めても固くならずジューシーに仕上がります。
  • 揚げ油はなるべくけちらずにたっぷり使うことをおすすめします。こうすることで
    材料を入れたときに油の温度が下がりにくくなるのでカラッと揚がりやすくなります。
    私の場合天ぷら鍋にサラダ油を約半分ぐらいで揚げています。
    からっと揚げの基本は多めの油で少なめの材料を揚げることです。
  • 天ぷら鍋は専用の物をつかったほうが鍋底が深いので油はねも思ったより少なく
    コンロ周りを汚しません。ちなみにわたしが使っているものは大きさ16センチの
    南部鉄製で鍋の高さは約7センチです。一見小さいように思いますが、これに油を
    半分ほどいれて揚げ物をする際に2~3人分なら十分対応できます。思った以上に
    一度に揚げる量も多く作ることできます。

★揚げ物の肉を柔らかくするいろいろな下ごしらえの方法★

  • 漬け込む時にマヨネーズを混ぜる。
    マヨネーズに含まれる酢の成分が肉を柔らかくします。
  • 肉を水につけておく。
    最初に肉を10分ほど水につけて水分を吸わせることでぱさつきをなくししっとりとしあがります。
  • フォークで穴をあけ酒に漬ける。
    酒のph値が酸性になり肉に水分を含ませしっとりと仕上がり味のしみこみもよくします。

他にもいろいろありそうですが、とりあえずよかったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

IMG_20160812_153659

今回は鶏胸肉をつかった唐揚げのレシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
ぱさつきやすいいつもの胸肉が簡単なひとてまでしっとりジューシーな唐揚げに仕上がります。唐揚げの定番食材鶏もも肉は最初から脂質がおおいのでそれなりにジューシーにできるのですが、やはり胸肉と比べたらそのお値段と量で躊躇してしまいがちです。
でもこの作り方なら十分美味しくできるので私は安い鶏胸肉の唐揚げが多いです♪
ふっくら柔らかい美味しい鶏胸肉の唐揚げお弁当のおかずにもぴったり!
是非作ってみてくださいね。
ここまで読んでいただきありがとうございました。(^o^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です