フライパンで簡単ミディアムステーキの上手な焼き方

ジューシーなミディアムステーキは簡単にできる

今や家庭でもグリルがなくてもフライパン一つで簡単に楽しめるステーキですが、その焼き方にも基本があるのをご存じでしょうか?ひょっとしたらこれを読めばおいしさが今まで以上にアップするかもしれません。今回はお店の味に負けないとってもジューシーなミディアムステーキの焼き方を紹介したいと思います。

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

スポンサーリンク

冷蔵庫から出した肉はまだ焼かない

bba22ff7d2f44d86897365bc431f7b23_s

冷蔵庫から出したばかりの牛肉は肉の質がしまっているので火の通りがよくありません。このまま焼いてしまうと肉の表面と中の温度が違いすぎるので焼く時間の30分前に出しておきましょう。あと肉タタキやすりこぎなどで軽く叩いておくと繊維が柔らかくなって焼いた時の縮みを防ぐことができます。

塩コショウを振るタイミングに注意!

ステーキ肉を焼く前に塩コショウをするのですが、塩コショウは焼く直前にしてください。ステーキ肉に塩コショウをして暫く置いてしまうとうま味成分の肉汁が流れ出てしまいますので時間に注意してくださいね。あと塩コショウは両面に振るようにしてください、香りの強い黒コショウがおすすめです。ブラックペッパーのホールを数粒キッチンペーパー出包んですりこぎ棒で叩いてあげれば簡単に砕けると思います。これを肉に押し込むようにつけていきます。

スポンサーリンク

ミディアムステーキの作り方

【材料】2人分

  • ステーキ用牛肉(ロース肉)・・・・・120g~150g✕2 厚さ2センチくらい
  • 塩・・・・・小さじ2分の1
  • 粗挽きコショウ・・・・・少々 黒コショウ(ホール)
  • サラダ油・・・・・大さじ1
  • 醤油、赤ワイン・・・・・少々

【手順】

  1. 室温に戻しておいた牛肉を肉たたきで両面を軽くたたきます。肉と脂肪の間にある筋を切って元の状態に戻しておきます。焼く直前に塩コショウを両面に振ります。
  2. 熱したフライパンにサラダ油を大さじ1入れたら牛肉を並べて入れます。この時フライパンが小さいなら一枚づつでもよいです。強火で20秒、弱火にして約2分。赤っぽい肉汁が出始めたら裏返しにして同じように焼いたらミディアムに仕上がります。
  3. 焼いたあとの肉汁に醤油、赤ワインを適量で入れたら暫く煮詰めて肉にかけて完成です。

焼くときのポイント

  • 微妙な時間が焼き加減を左右しますので必ずタイマーを使って焼いてください。
  • 赤っぽい肉汁が出始めたら裏返しにする。
  • フライパンは置いたままではなく前後に揺り動かすようにして焼いた方が熱が肉全体に均等に伝わり焼き色も綺麗につきます。動かし方はシェフとかがパスタをフライパンでソースを絡めるあの動作をイメージしてください。

まとめ

abstract-1238658_640

いかがでしたでしょうか?今回は家庭用のフライパンを使ったミディアムステーキの基本の焼き方をご紹介しました。焼き加減は切ってみないと分からないものですが、大体厚さが1.5センチで150gくらいなら片面2分強くらいで両面焼いてやればミディアムになると思います。これを基準にお好みの焼き加減を調整してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です