冷凍保存で日持ちも安心ほうれん草の胡麻和え

今回はお弁当のおかずにも便利な低カロリーで美味しいほうれん草の胡麻和えを紹介したいと思います。冷凍保存もできて日持ちもするので暖かくなる季節にもおすすめです。

a0001_010861

スポンサーリンク

ほうれん草の胡麻和えを作ってみましょう!

【材料】2人分

  • ほうれん草・・・・・一束
  • 塩・・・・・小さじ1

合わせ調味料 あえ衣

  • 醤油・・・・・大さじ2分の1
  • 和風だしの素・・・・・小さじ2分の1
  • みりん・・・・・大さじ1
  • 胡麻・・・・・大さじ4 白、黒はお好みで
  • 砂糖・・・・・大さじ1

【作り方】

  1. ほうれん草はボウルに水を張りながら流水で根元の土を洗い落とします。根元の大きい部分に包丁で縦に十字に切れ目をいれて置くと均一に火が通ります。そのままボウルの水に放っておきます。こうすることでみずみずしくなります。
  2. 大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かしたら分量に塩を入れほうれん草を根っこから入れていき茹でる。 
  3. 沸騰したお湯に入れたほうれん草を約20秒ほどでたらボウルに揚げて流水に放ちます。こうすることで歯ごたえもよくなり、ほうれん草のアクが取れます。
  4. 胡麻を小さめの鍋かフライパンで軽く煎りすり鉢ですり、分量の醤油、和風だしの素、みりん、砂糖で混ぜ合わせたら水気を切ったほうれん草を食べやすい大きさに切って全体に絡めるように和えたら完成です。
  5. 冷凍保存したい場合はジップロックなのど袋に空気を抜いて重ならないように薄く広げるようにしてそのまま冷凍庫に入れたらOKです。お弁当のおかずに持って行くときも凍ったまま入れるだけなので簡単です。

ポイント

  • たっぷりのお湯で茹でましょう、塩を入れることで融点よあげます。
  • 短時間で茹でて流水に放ちましょう。
  • 必ず冷ましてからあえ衣と和えましょう。熱いうちに和えると葉物野菜は傷みやすいです。

ほうれん草以外の小松菜などの葉物は氷水に放ってあげると色合いもよくなり歯ごたえが楽しめます!

スポンサーリンク

まとめ

847222b91e2e6bda074e909999704d52_s

いかがでしたでしょうか?簡単に作れて美味しいほうれん草の胡麻和えをご紹介しました。お好みでねり胡麻とかも加えると濃厚な胡麻の味が楽しめます。私はこれによくシメジ、えのき茸などを一緒に茹でて混ぜたりしていただいています。キノコのシャキシャキ感もプラスされて食べ応えがアップして美味しいですよ!年中手に入り家庭の食卓には欠かせない葉物野菜、調理時間も火が入りやすいのでササッとできて作った後も冷凍保存をしておけば、日持ちもするうえにお弁当のおかずにも重宝するので是非作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です