我が家の人気レシピ辛くない玉ねぎ入りポテトサラダ

みんな大好き人気のポテトサラダ

じゃがいも料理は何が好きですか?私はいろいろある中でポテトサラダが一番好きです。
おそらくじゃがいもを使った料理では多くの方に人気なのではないでしょうか。
特に私は玉ねぎが大好きなので必ずいれて作っていますが、あの辛みが苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。多少は残っていた方が美味しいのですが私も正直苦手です。
今回はその辺のコツも交えて書いていこうと思います。

a0002_011962

スポンサーリンク

ポテトサラダの美味さじゃがいもで決まる

ポテトサラダに向いたじゃがいもは楕円型のメークインよりもごつごつした男爵いもが仕上がりにほっくり感があるのでおすすめです。あと茹でるときは水から塩は入れません。水から茹でることによりじゃがいものでん粉質にゆっくりと火が通るのでホクホクになります。あと皮付きで茹でるのもポイントです。

ポテトサラダを作ってみましょう!

【材料】2人分

  • じゃがいも・・・・・大2個 男爵いもがおすすめ。
  • にんじん・・・・・3分の1本
  • きゅうり・・・・・1本
  • 玉ねぎ・・・・・4分の1
  • マヨネーズ・・・・・大さじ2

下味用調味料

  • 塩・・・・・小さじ2分の1
  • こしょう・・・・・少々
  • レモン汁・・・・・小さじ2 なければ酢でOKです。
  • サラダ油・・・・・大さじ1

【作り方】

  1. じゃがいもは流水で土を落とし人参も皮のまま鍋に水を張って強火にかけます。沸騰したら火を弱火にして15分茹でます。
  2. 茹で上がったじゃがいもをざるに上げて熱いうちに皮を剥きます。キッチンペーパーやフキンなどを使ってヤケドしないように注意してくださいね。
  3. じゃがいもは細かくイチョウ切りにしてマッシャーでつぶします。人参は皮を剥いてイチョウ切りにします。
  4. じゃがいもと人参をボウルに入れて熱いうちに下味用調味料を混ぜ合わせます。冷めてからだと味がなじまないので注意してくださいね。
  5. きゅうり、玉ねぎをスライサーを使って薄く切ります。きゅうりは軽く塩をして10分ほど置いたら水気を絞ります。スライスした玉ねぎは小さなボウルに小さじ2くらいの量で塩もみします。もんでいる内に辛み成分のヌメリが出てきますので水ですすいで水気を絞ってください。これで玉ねぎの辛みはほとんどなくなります。必ずここで味見をしてみてくださいね。
  6. ボウルのじゃがいものあら熱が取れましたら、水気を絞った玉ねぎ、きゅうり、分量のマヨネーズを混ぜ合わせたら出来上がりです。

ポイント

  • じゃがいもは皮付きのまま水から塩を入れないで茹でる。
  • 熱いうちに下味用調味料と混ぜ合わせる。
  • 玉ねぎは塩もみして辛みを抜いておく。

玉ねぎの辛み成分を少し残したい場合は塩の量ともみ加減を調整してくださいね。私は辛みがあまり必要ないのでわりと多目の塩でごりごりもみ洗いしています( ̄∇ ̄)

スポンサーリンク

まとめ

1ed6a86e7e8b2aee646cc52adcb95df1_s

今回は我が家でよく作っていますポテトサラダをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?玉ねぎを入れたいのだけどどうしても辛みが抜けないという方も多いのではないでしょうか。お伝えしたとうりに多目の塩でもむことによりほぼ完璧に辛みがなくりますのでやってみてください。それからレシピはアレンジしても面白いです。私はこれによくソーセージ、マカロニ、コーン、ミックスベジタブルなどを加えたりして楽しんでいますボリューム満点で本当に美味しいですよ♪是非お試しあれ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です