人気の定番レシピあじを使った南蛮漬け

私は釣りが好きで小あじが釣れるとたまに南蛮漬けにしたりしています。酢を使うことで骨まで柔らかくなるので丸ごと食べれて本当に美味しい人気の料理なのですが、いざやってみると小さい魚をさばくのが面倒なのでめったにやりませんwそこで今回は魚をさばくのが苦手な方でも簡単にできる市販のあじの切り身を使った南蛮漬けのレシピをお伝えしようと思います。

8320901652_6474d5199d

photo credit: dscf0042 via photopin (license)

スポンサーリンク

あじの南蛮漬けを作ってみましょう!

8320902646_c2d4cb0c43

photo credit: dscf0037 via photopin (license)

【材料】四人分

  • あじ・・・・・6匹 三枚におろしたもの
  • 小麦粉・・・・・適量
  • 唐辛子・・・・・1本 刻んだものなら小さじ1
  • 長ねぎ・・・・・10センチ
  • 玉ねぎ・・・・・1個
  • にんじん・・・・・2分の1

合わせ調味料の南蛮酢

  • 酢・・・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・・大さじ1
  • 酒・・・・・大さじ1

作り方

  1. 長ねぎは1センチの斜め切りにします。唐辛子は中のタネを取り除いて輪切りにします。市販されている刻んであるものは種ごと使ってもよいです。
  2. 玉ねぎは薄くスライスして人参は千切りにしておきます。
  3. 分量の調味料で南蛮酢を混ぜ合わせたら鍋に入れ長ねぎと唐辛子を加えて火にかけます。弱火で煮立てながら混ぜ合わせ砂糖が溶けたら火を止め玉ねぎと人参を加え味を馴染ませておきます。
  4. あじを一口大の大きさに切り小麦粉をまぶし余分な粉をはたいておきます。フライパンに2センチ弱くらいの油を入れ熱したら揚げ焼きにします。切り身にしたものを使うので短時間で十分火が通ります。
  5. 揚げ焼きにしたあじを熱いうちに南蛮酢に入れて暫く置きます。
  6. あじを器に盛り付けて野菜を多目にのせたら出来上がりです。

ポイント

  • あじは切り身を使った方がさばく手間も省けゴミも出ないのでおすすめです。
  • 揚げたてのものを南蛮酢に入れてください、こうすることで味がしみやすくなります。
  • 煮立てることで唐辛子の辛みが加わって酢の独特の鼻を突く酸味が和らぎます。
  • 粗熱が取れたら容器ごと冷蔵庫で寝かせると更に味が馴染んでおいしくなります。

スポンサーリンク

まとめ

8320901862_8c3b96f655photo credit: dscf0041 via photopin (license)

あじを使った人気の南蛮漬けをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ご飯のおかずにも麦酒のおつまみに、のんべーの私が大好きな定番レシピです。出来上がってすぐ召し上がるのもよいですが、半日くらいか次の日まで暫く寝かせたものが味にしっとり感が増して美味しいです。使う材料のあじをサバ、鮭の切り身、ししゃも、などに置き換えたり、野菜にピーマンやキャベツ、パプリカなどお好みでアレンジしても楽しめますよ。フライパンに多目の油で揚げないやり方なので後々の面倒な油の処理も気を遣わなくてよいので手軽にできます。酢と油を使った料理なので蓋付きの容器で冷蔵庫なら日持ちもしますので作り置きにもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です