夏野菜の人気レシピ簡単美味しいゴーヤチャンプルー

夏の定番料理ゴーヤチャンプルー

暑さをのりきるスタミナ料理としても人気のゴーヤチャンプルー。ゴーヤはビタミンCも豊富でその量はなんとトマトの5倍!加熱に強いので炒め物におすすめの食材です。わたしは例のごとくおつまみにお気に入りなので手に入りやすくなる時期に何度も作ります。今回は作り方も簡単で使う材料もシンプルで美味しいゴーヤを使った定番レシピチャンプルーをご紹介したいと思います。

a0002_005481

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプルーを作ってみましょう!

 

【材料】2人分

  • ゴーヤ・・・・・1本
  • 豚こま切れ肉・・・・・100g
  • 木綿豆腐・・・・・1丁
  • たまご・・・・・一個
  • かつおパック・・・・・1袋
  • サラダ油・・・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・大さじ1
  • 薄口しょうゆ・・・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・・・適量

作り方

  1. 豆腐は縦半分にしてキッチンペーパーで包んで耐熱皿において500wのレンジで3分ほど加熱したら重石を載せて水切りします。
  2. ゴーヤは縦半分に切ってなかの白綿を取り除き5㎜の暑さに切ります。ボウルに塩小さじ1ぐらいをよくまぶし10分ほど置いたら鍋にお湯を沸騰させてゴーヤをいれ再び沸騰したら約30秒茹で冷水で冷やし水気をよく絞って置きます。
  3. 豚こま切れ肉は大きい部分は細かく切って軽く塩こしょうをしておきます。
  4. フライパンにごま油大さじ1を加え水を切ったゴーヤを炒めある程度油が回ったらいったんお皿に取り出しておきます。
  5. 再びフライパンにサラダ油大さじ1を熱して水気を切った豆腐を入れ両面にこんがり焼き色が付くくらい炒めます。この時豆腐はまだ崩しません。
  6. 豆腐をフライパンの端に寄せて豚のこま肉を加えます、肉の脂がでますので油は足さなくても大丈夫です。ここで軽く塩こしょうをします。
  7. 肉に火が通り色が変わったらヘラで豆腐を切り崩しながら取り出して置いたゴーヤを加え混ぜながら炒めます。卵を溶いて中心から円を描くように流し込み約10秒ほどしたら菜箸でかき混ぜます。たまごが絡んで全体がよく混ぜ合わさったら火を止めて分量の薄口しょうゆを鍋肌から回し入れて混ぜ合わせたら出来上がりです。器に盛り付けてかつおぶしを振りかけます。

ポイント

  • ゴーヤは茹でたあとも余熱が入り柔らかくなるので冷水に戻してください。
  • 豆腐の水切りはしっかりしてください。
  • フライパンはテフロン加工のもので大きめが作りやすいです。

スポンサーリンク

まとめ

a0002_011552

夏の定番野菜料理ゴーヤチャンプルーのレシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?お好みでスパムを加えてもよいと思います。ゴーヤがあまり出回ってなくて高くて買えないときはきゃべつを代用にしても美味しいですよ。クックパッドを見てるといろいろな作り方がありますが、塩こしょうだけの簡単な味付けでも十分美味しいので是非作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です