夏の人気レシピトマト缶で作り方も簡単美味しいラタトゥイユ

夏の涼しい定番鍋メニューラタトゥイユ

夏に人気の鍋料理といえばラタトゥイユです。フランス地方の家庭料理で有名ですよね。野菜をたっぷり煮込んだ鍋で温かいのは勿論、冷蔵庫で冷やしても美味しく食べれるので熱い夏に食欲が落ちる季節にもおすすめの人気メニューです。今回は市販のトマト缶を使って簡単にできるラタトゥイユのレシピをご紹介したいと思います。

healthy-food-1014490_640

 
スポンサーリンク

ラタトゥイユを作ってみましょう!

【材料】四人分

  • ホールトマト缶・・・・・一缶
  • ズッキーニ・・・・・1本
  • 玉ねぎ・・・・・1個
  • パプリカ・・・・・1個 赤、黄色どちらでも
  • ピーマン(お好みで)・・・・・3個 
  • 茄子・・・・・2本
  • 人参(お好みで)・・・・・3センチ 
  • コンソメ・・・・・小さじ1
  • 白ワイン・・・・・200cc
  • にんにく・・・・・一片
  • オリーブオイル・・・・・大さじ3
  • ローリエ・・・・・1枚
  • 塩こしょう・・・・・適量

作り方

  1. 玉ねぎはくし切りにします。パプリカ、ピーマンは大きめのダイス切りにしズッキーニ、茄子、人参は1センチサイズのいちょう切りにします。
  2. にんにくを包丁の腹でつぶします。フライパンにオリーブオイルを入れつぶしたにんにくをいれたら火をつけます。中火でにんにくの香りが出てきたら切って置いたすべてのやさいをいれてかるく炒めます。
  3. 野菜全体に油が回ったら鍋に移します。ホールトマト缶、赤ワインをいれ全体を混ぜ合わせ沸騰したら火を蛍火くらいにしてローリエを加え蓋をしてじっくり30分煮込みます。途中で蓋を開け何度かかき混ぜるようにしてください。
  4. 蓋をあけ中火で木のヘラで混ぜながらお好みの柔らかさになるまで煮汁の水分を飛ばします。焦げ付きやすいので火加減に注意してくださいね。
  5. 火を止めて塩こしょうで味を調えたら出来上がりです。器に盛り付けてパセリをちらしてください。

ポイント

  • にんにくを炒める時は必ず油が冷たいうちに入れて火をつけるようにしてください。こうすることで焦がすことなく風味を出すことができます。
  • 煮汁の水分は好みで飛ばして調整してくださいね。汁気が少なくなってくると焦げやすいのでへらでよくかき混ぜながら火加減に注意してください。
  • 野菜の大きさはなるべく揃えるようにすると火の通りが均等になります。
  • 出来たても美味しいですが一晩冷蔵庫で寝かせると味が落ち着いて更に美味しいです。

スポンサーリンク

まとめ

 

 

今回は夏の定番野菜の煮込み料理ラタトゥイユの作り方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?作り方も材料を切ってかるく炒めて煮込むだけの簡単作業なので初心者の方にも失敗なく美味しく作ることができると思います。水をつかわないで野菜からでる水分とトマト缶だけで煮込むので濃厚な夏野菜の味がたっぷり楽しめます。これに炒めたベーコンなどを入れても美味しいと思います。わたしは夏の暑い時に冷やしたラタトゥイユと軽く焼いたバゲットに冷やしたワインでいただくのがお気に入りです。南フランスの郷土料理・ラタトゥイユ是非つくってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です