鰹節と昆布で基本の美味しいだしの取り方

インスタントでは再現できない、うま味たっぷりのおだし♪

konbusasi
(出典:http://item.rakuten.co.jp/kissui/sa04120/)

今回は鰹節と昆布を使った基本のだしの取り方をご紹介します。

市販の粉末のだしでは絶対でない香りとうま味が、昆布とかつおぶしだけ、たった二つの材料で簡単に出来上がります。市販のものと違って塩分が気になる人にもお勧めです。あら熱が取れたら、ペットボトルなどの容器にいれてあげれば冷蔵庫で保存もききますし、使いたいときに使いたいだけの分量を小出しにして気軽に料理に利用できます。

基本のだしを作ってみましょう!

001

【材料】

  • 水一カップ(200cc)素材が吸収する水分蒸発する分を考えて50cc(25%)の水を足します。合計250cc
  • 昆布が2g(約2センチ角)
  • かつおの削り節4g(市販の小パックなら一つ)

作り方

  1. 昆布はだしがよく取れるようにキッチンばさみなどで切れ目を入れておきます。
  2. だし昆布を分量の水と一緒に鍋に入れて火にかけます。蓋をしないで沸騰するまでは強めの中火でよいと思います。
  3. 沸騰直線に昆布を取り出します、このタイミングは昆布から細かい気泡が出始めますのでこれが確認できたら取り出してください。長く置いておくと、昆布からヌメリが出てきてさらっとしただしにならないので注意してくださいね。
  4. 昆布を取り出したら、分量のかつおぶしをいれてここで弱火にします。昆布だけでも良いのですが香りと味に深みがでますのでできれば入れることを強くオススメします!
    注意:火が強すぎると香りが飛んでしまうので必ず弱火で!
    ここで、約1分ほど煮たら火を止めてかつおぶしが沈むのを待ちます。
  5. 出来上がっただしをボウルとざるを用意して取り出します。ざるの上に、キッチンペーパーをのせて鍋に出来上がっただしをこぼさないように注意しながらボウルにこします。この時注意して欲しいのが、かつおぶしを手で押さえたりして絞らないことです。
    これをやってしまうと、苦みや濁りなどが出てしまいます。もったいないとは思われるかもしれませんが、絶対ダメですw

これで黄金の綺麗なだしが完成しました。後は自然に冷ましたら、ガラス容器、ペットボトルなどに入れて冷蔵庫に保管して、早めに使い切るようにしてください。

保存のコツは、あまり大量に作らないことです。

ポイント

  • 昆布を取り出すタイミングは沸騰直前に
  • 鰹節を入れたら弱火にします。
  • かつおぶしをこすときには手で押さえたり絞らない

スポンサーリンク

まとめ

dasi
(出典:http://www.ninben.co.jp/katsuo/dashi/)

今回はかつおぶしと昆布をつかった基本のだしの取り方を書いてみました。

一度作ってしまえば、いろんな料理にオールマイティに使えるの昆布とかつおぶしのだし。前にも述べましたが、かつおぶしがないばあいは昆布だけでも大丈夫です。必要な分量も少量から作れます、市販の粉末とは違い塩分控えめ、そして保存も可能な美味しいだし、是非作って見てください。明らかに今まで作った料理の味が変わります♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメント

  1. Ken より:

    いさっちさん、こんにちは。

    最近粉末だしに飽きてきたので、参考にさせてもらいます。
    やはり調味料に頼らないだしが一番ですよね。
    自分も亀の歩みの如く、進化していきたいと思います(笑)

    ちなみにSimplicityって、メルアドが勝手に表示されてしまうんですよね。
    自分はコメントしてくださった方のメルアドも、自分のメルアドも削除するようにしています。
    お手数ですが同様に、このコメントのメルアドも削除してもらえますでしょうか。
    よろしくおねがいします(^^ゞ

    • isatti より:

      kenさん

      訪問ありがとうございます。

      ちょっとした手間で簡単にできてほんとに美味しいので
      是非作ってみてください!

      鍋にもめっちゃ合いますよ~♪(^o^)

      コメントのメルアド、コメントの編集欄にあったので
      削除して更新しましたがこれで良かったのでしょうか?

      操作にちょっと不慣れなので確認してみてください。(^0^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です