居酒屋の味我が家の人気レシピ秘密の塩つくね

居酒屋の味ジューシーな塩つくねを家庭で簡単に

居酒屋の焼き鳥メニューで人気のつくね。あのユーコリンで有名な料理上手な小倉優子さんも自宅でオリジナルのつくねをよく作っているそうです♪
さてさて、つくねというと味付けにたれと塩がありますが、どちらがお好きですか?
わたしは肉本来のジューシーさを味わえる塩の味付けが好きです。
最近は居酒屋も余り行かなくなって宅飲みが多いので自宅で作ったりしています。
今回は家庭でも簡単にできる塩つくねのレシピをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

塩つくねを作ってみましょう!

【材料】4人分

  • 鶏ひき肉・・・・・300g【皮ごとひいたもの】
  • 玉ねぎ・・・・・2分の1
  • しょうが・・・・・一片
  • 大葉・・・・・5枚 【入れても入れなくてもお好みで】
  • 塩・・・・・2つまみ
  • 片栗粉・・・・・大さじ1

塩だれ

  • ごま油・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・小さじ3分の1
  • 粗挽き黒こしょう・・・・・適量
  • 長ねぎの・・・・・2分の1本 【入れても入れなくてもお好みで】

作り方

  1. 玉ねぎ、しょうが、大葉は細かくみじん切りにしてボウルに鶏ひき肉と塩、片栗粉を加え粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。
  2. 練り上げたたねを10等分ぐらいの大きさに丸めて空気を抜くように手のひらでたたくようにして小判の形にします。
  3. 長ねぎをみじん切りにして塩だれの材料と混ぜ合わせておきます。
  4. フライパンにサラダ油を中火で熱したらつくねを両面焼いていきます。火が通ったらフライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り強火で塩だれを加え絡めます。
    全体に絡んで水分がある程度飛んだら出来上がりです。

ポイント

  • ひき肉に材料、調味料を加えたらとにかくよく混ぜること。粘りが出てくるまで練り上げ色が白っぽくなるのが目安です。たねをよく練り上げることで焼いた時に割れたりしなくなります。
  • 鶏ひき肉は皮ごとひいた物を使いましょう。鶏ひき肉の中に白っぽいものが入っているのが目印です。皮なしの肉はぱさついてしまうのでつくねには向いていません。
    鶏皮の脂がしっとり柔らかくジューシーな仕上がりの秘密です。
  • 玉ねぎのみじん切りは焼くとほどよい甘みがでて口当たりがよくなります。
  • 余分なサラダ油は取り除いてからたれを加え絡めます。こうすることでたれがつくねによく絡みます。
  • つくねの大きさは3~4センチぐらいの大きさが火が通りやすく調理しやすいです。

まとめ

今回は居酒屋の人気メニューのつくねのレシピをご紹介しました。皮ごとひいたひき肉を使うことで居酒屋のつくねにも負けないジューシーで柔らかい味に仕上がります。

作る材料も皮ごとひいた鶏ひき肉がないときは鶏胸肉を皮付きのままフードプロセッサーにかけて使っています。ちなみにわたしは1キロ入りの鶏胸肉のお徳用パックを買っています。
香ばしい肉汁に混じって玉ねぎの甘みが口の中に広がり冷たい麦酒を流し込めば至福の時が楽しめます!美味しいので是非作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク
レスポンシブ広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です